<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
from bk1
SEARCH
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.06 Wednesday  | - | - | - | 

006:書籍関連のHPの、どんなところに注目しますか

書籍関連のHPの、どんなところに注目しますか(書評や感想文等々)。

注目しているHPということだと、このblogの右側サイドバーからリンクさせていただいているblog等々の諸ページと言うことになりますね。まあ、最近は自転車関係も混じってますが。
 
どんなところ、というと、やはり取り扱っている本の傾向が似ている・興味が持てることと、書かれている内容がすんなり頭に入るかということ。要するに波長が合うか、ということでしょうか。リンク先の中からあえてあげるとすると……

★Doblog時代から拝見しているpillowさんのblog

★取り上げておられる作品の傾向に親近感を憶える“うちの本棚いらっしゃい

★いつも書評の切れ味に感心してしまう鉄家さんの“悪漢と密偵

他に、blogの使い方をいつも積極的に考えておられるIZUMIさんのLove Books、小咄が楽しいhasyosさんの“bookworm's blog”も、楽しみにさせてもらってます。

■おことわり

この文章は、本好きへの100の質問への回答です。
2004.08.15 Sunday 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) | Book Questions 100 | 

005:贔屓にしているWEBマガジンはありますか?

贔屓にしているWEBマガジンはありますか?

WEBマガジン……定期的に更新されている&個人作成ではない、
といった感じのWebコンテンツを指すのでしょうか。
 
SFオンライン亡き後、
強いて言えばTHATTA ONLINEかな?
大野万紀さん、水鏡子さんといったSF界の先達の文章が読めるのが嬉しい。


■おことわり

この文章は、本好きへの100の質問への回答です。
2004.08.13 Friday 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | Book Questions 100 | 

004: 購読している雑誌はありますか?

購読している雑誌はありますか?

今は無いですね。
 
読む時間が無いということもあるけど、
とっておく場所が無いということが一番大きい。

雑誌っていうのは、読み終わったらすぐ捨てるものなんでしょうか。
なんか、抵抗があるんだよなぁ。

■おことわり

この文章は、本好きへの100の質問への回答です。
2004.08.12 Thursday 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) | Book Questions 100 | 

003: はじめて自分のお小遣いで買った本を教えてください。

はじめて自分のお小遣いで買った本を教えてください。また、その本を今でも持っていますか?

自分の小遣いで初めて買った本、というと、多分、E.E.スミスの『宇宙のスカイラーク』。

若き天才科学者リチャード・シートンは、X金属を使った新エネルギー源を発見、宇宙船“スカイラーク号”を建造。発明を盗もうとした悪役デュケーヌに誘拐された婚約者ドロシーを追い、宇宙を巡る冒険へと旅立つ……という、スペースオペラの古典。
 
この後、『スカイラーク3号』『ヴァレロンのスカイラーク』『スカイラーク対デュケーヌ』という続編があり、計4冊のシリーズとなっている。今でも、全巻、本棚に並んでます。奥の方だけど。
 
なぜこれを買ったかというと、近所の図書館で借りた世界SF全集 7に“宇宙のスカイラーク”が収録されてお
り、シリーズの続きが読みたかったため。

ちなみに、この世界SF全集がはじめて図書館で借りた大人向けの本だったりする。
 
“スカイラーク”という古典でSFに目覚めた後、同じくスミスの“レンズマン”シリーズに進み、すっかりSFづいて今に至るわけである。

■おことわり

この文章は、本好きへの100の質問への回答です。
2004.08.07 Saturday 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) | Book Questions 100 | 

002:記憶に残っているなかで、最も幼い頃に読んだ本は?

記憶に残っているなかで、最も幼い頃に読んだ本は?

読んでもらったというのも含めると……
ゆかいなかえる
ジュリエット・キープスぶん・え / いしい ももこやく

ということになるのだろうと思う。
 
親の話だと、上の「かえるのほん」を親が辟易するくらい読ませたあげく、ウルトラマンの本で字を覚えたらしい。
 
いわゆる「本」をいつごろから自分で読むようになったのかは、実は記憶がはっきりしない。
「本」「書籍」というものを明確に意識するようになったのは、ドリトル先生シリーズに夢中になった小学校3年生ころぐらいからかな。
 
ちなみに、SFというものを最初に意識して読んだのは、矢野徹『新世界遊撃隊』だと思うのだが……

■おことわり

この文章は、本好きへの100の質問への回答です。
2004.08.05 Thursday 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | Book Questions 100 | 

001:本が好きな理由を教えてください。

本が好きな理由を教えてください。

むむ。いきなり難易度の高い質問だ……
 
考えてみると、「読書が好き」というのと「本自体が好き」というのと両方ありますな。わたしの場合。
 
「読書が好き」なのは……一番、集中できることだから。

おもしろい本にはまると、周りからかけられた声に反応しなくなる、とか、電車を降り損ねる、といった状態に陥るわけです。意識はしないものの、こういった状態では何か脳内麻薬が出ているんじゃないかと思います。そういう体験に中毒しているのではないか、というのが、「読書が好き」な理由。
 
「本自体が好き」なのは……何故なんでしょうか?
 
なぜかはわからないものの、身近に本があるとなんとなく安心できる、「本」と「幸福」が結びつけられている、という感じ。実家が、居間に天井までの大きな書棚のある家だったので、子供の頃の想い出と結びついているのかもしれない。
 

■おことわり

この文章は、本好きへの100の質問への回答です。
2004.08.01 Sunday 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | Book Questions 100 | 
<< | 2 / 2 PAGES |