<< November 2003 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
from bk1
SEARCH
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.06 Wednesday  | - | - | - | 

竹内桜『特命高校生』 本棚二列目の佳作

休日に本棚をひっくり返しているうちに、本棚二列目ラインナップの中からふと目に留まって再読。

本をどんどん処分してしまうという人には、「本棚二列目」という書き方は説明がいるかな。

本棚というものは、普通、判型も装丁も立派なハードカバー単行本を並べることを前提としているので、それなりの奥行きがある。このため、私が主としてコ レクションしている、文庫やら新書やらコミックやらのような判型の小さいソフトカバーものをそのまま並べると、本棚の奥行きが1册分前後も余ることにな る。そこで、このスペースを活用して、本棚の奥側に並べた本が「二列目」。

本を溜め込むタイプの人には当たり前の本棚の使い方だろう。しかしながら、当然「二列目」の諸君をまさに「陽の目を見ない」立場に置くことになるので、 それなりに愛着のある本しかとっておかない私には、ちょっと抵抗のある使い方でもあるのであった。そこで最近は、「忘れたころに読み返すと面白いモノ」 を意識してカテゴライズし、本棚二列目ラインナップを形成することにしております。

一方、「一列目」は、しょっちゅう読み返す本、というより、「タイトルを見て浮かぶイメージが楽しめる本」というカテゴライズ。いずれにせよ、かなり感覚的な分類なので、時々、一列目と二列目を入れ替えたくなっちゃったりして、それもまた雨の日などの楽しみだったりもするのだった。(あんまりやってる と、妻に怒られるのだが)

特命高校生
4592133099竹内 桜

白泉社 2000-01
売り上げランキング : 68228


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む >>
2003.11.30 Sunday 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | コミック | 

石の森章太郎『千の目先生』 石の森美女スタンダード

仕事帰りにいつもの本屋で復刊コミック・コーナー(文庫本型のマンガのコーナー)を散策していたところ、なんだか突然、石ノ森章太郎の描く女性キャラクターが見たくなって衝動的に購入。
 
関係ないけど、文庫本サイズの復刊コミックって、ホントは好きではない。サイズが小さすぎて、どうも、「マンガ」という気がしないのである。まあ、復刊してくれるだけでありがたくはあるし、保存を目的とする場合サイズが小さい方が良い、ということもあるのだが...最近、電子ブック版の復刊コミックも作品数や作家数が増えてきたが、これも一つの解決策なのかもしれない。ノートPCの液晶の解像度が向上し、CPUやグラフィックまわりの性能も向上して、「寝転がってパラパラ読む」感じに近くなってきたことでもあるし。しかし、Macをサポートしている電子ブックが少ないのは悩ましい。自分は置き場所のせいで復刊コミックを買い控えてしまうところがあるので、Macのサポートが広がりさえすれば、即購入、と考えている作品もいくつかあるのだが...

千の目先生
千の目先生
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.30
石ノ森 章太郎著
双葉社 (2001.4)
ISBN : 4575723061
価格 : ?700
この本は現在お取り扱いできません。

■あらすじ

名門女子高に突然現れた新任女性教師・千草カオルは、生徒の秘密を次々と見抜き、「自分は千の目を持つ」と微笑む。彼女の正体と目的は?というのが第一部。第二部は、東北の漁村に起こる変身事件に千の目先生が挑む、怪奇もの。
続きを読む >>
2003.11.29 Saturday 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) | コミック | 

田沢耕『物語 カタルーニャの歴史』 なぜかカタルーニャ

キューバの歴史に関する入門書を探しているうちに、なぜか『カタロニア讃歌』という本を買ってしまった、という話を下の方に書きました。キューバの本については、やっぱりあきらめきれず、この前の週末も、ちょっと大きめの本屋で探し回ることしばし。やっぱり見つからないので、代わりに買ったのがこの本。いつのまにか、カタロニア/カタルーニャ趣味に変わりつつある...

(キューバについては、その後Amazonで調べてみたところ、堀田善衛『キューバ紀行』集英社文庫あたりからかなぁ、という感じ)

物語カタルーニャの歴史
田沢 耕著
中央公論新社 (2000.12)
ISBN : 4121015649
価格 : ?819
通常2-3日以内に発送します。

■内容
カタルーニャはバルセロナを中心とするスペイン北東部の地域。カタロニアは英語の発音を元にした呼び方のようです。この地域は今でこそスペインの一部ですが、独自の言語を持ち、ローマ帝国崩壊後から大航海時代以前の時代には地中海東部の覇権を握ったという歴史もあるなど、本来ポルトガルのように独立国家となっていても不思議がなかったとのこと。本書は、カタルーニャが地中海覇権を握り、そして失う9世紀?15世紀を中心に、この地域の歴史を概観しています。
続きを読む >>
2003.11.28 Friday 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 新書 | 

デニス・ダンヴァーズ『天界を翔ける夢』

週末、本屋にフラッと立ち寄った際になんとなく購入。かなり長い間、本屋の書棚に刺さったままだったらしく、ハヤカワSF特有の青い背表紙が色褪せているのが、ちょっと物悲しい。
 
読み始めてから、以前読んだ『エンド・オブ・デイズ』の正編だったいうことに気付いた。続編の方は、あまり関心しなかったのだが……

天界を翔ける夢
デニス・ダンヴァーズ著 / 川副 智子訳
早川書房 (2000.11)
ISBN : 4150113351
価格 : ?1,008
この本は現在お取り扱いできません。

■あらすじ

ほとんどの人間が<ビン>と呼ばれる計算機中の仮想世界に移ってしまっている世界。両親への反発から<ビン>への移民を拒否してきた主人公・ネモは、<ビン>内の両親宅を訪れた際に出会った美人歌手ジャスティンと一目ぼれの恋に落ちる。現実世界と仮想世界に分かれた二人の恋の行方はいかに?...という物語。
続きを読む >>
2003.11.26 Wednesday 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 海外SF(ハヤカワ文庫SF) | 

吉村作治『豊饒のナイル、ルクソールの食卓』 エジプト味はトマト味?

ピラミッド研究などで有名な早大の吉村先生のエッセイ。
題材は、タイトル通りエジプトの食物で、飲み物編・野菜料理編・魚料理編・鳥料理編・肉料理編に分かれています。

豊饒のナイル、ルクソールの食卓
吉村 作治著
中央公論社 (1996.7)
ISBN : 4122026466
価格 : ?897
この本は現在お取り扱いできません。

続きを読む >>
2003.11.24 Monday 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | エッセイ | 

相田裕『GUNSLINGER GIRL』 けなげなハードボイルド

普段、この手のキャラクターのマンガは買わないのに、カバーに描かれた銃器の硬質さが気になって買ったもの。

Gunslinger girl 1
GUNSLINGER GIRL 1
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.27
相田 裕
メディアワークス (2002.11)
ISBN : 4840222371
価格 : ¥578
通常24時間以内に発送します。

■あらすじ

物語の舞台はイタリア、現代。「公益法人社会福祉公社」は、福祉事業を隠れ蓑にして先天的あるいは後天的に肉体に障害を負った少女たちを集め、サイボーグ化と洗脳により優秀な兵士として育成した。彼女たちは、絶対服従するよう条件付けられた教官兼指揮官の男たち(担当官)と「フラテッロ(兄妹)」と呼ばれるパートナーを組み、殺人機械として特務任務に身を投じる...
続きを読む >>
2003.11.20 Thursday 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) | コミック | 

ウィリアムズ&ディックス『星の破壊者』 生真面目ヒロイン・スペオペ

1巻目を買ったので、ついつい2巻目も買ったんだが、なんかノリが合わん。どうも主人公兼ヒロインの性格と相性が良くないようだ...

星の破壊者 上
ショーン・ウィリアムズ著 / シェイン・ディックス著
/ 小野田 和子訳
早川書房 (2003.8)
ISBN : 4150114552
価格 : ¥777
この本は現在お取り扱いできません。
星の破壊者 下
ショーン・ウィリアムズ著 / シェイン・ディックス著
/ 小野田 和子訳
早川書房 (2003.8)
ISBN : 4150114560
価格 : ?777
通常2-3日以内に発送します。

■あらすじ

舞台は、遠未来の銀河系。人類は様々な種族に文化し、銀河系に広まっていた。

ヒロインのモーガン・ロシュは、前作『太陽の戦士』のラストで、スーパーAIの"ボックス”、テレパスのマイイー、元傭兵のサイボーグ・ハント、宇宙艦「組み込み艦長」のカジク、そして、宇宙空間から回収された太古のクローン超戦士・ケインとチームを組み、クローン超戦士の謎を探るべくパラシア星系へと向かったのだった。
続きを読む >>
2003.11.19 Wednesday 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 海外SF(ハヤカワ文庫SF) | 

エリック・ジッリ『洞窟探検入門』 ヴェルヌの探検ものが好きな人向け

表紙の色の綺麗さと力強くもシンプルなタイトルに引かれて衝動買いしたもの。

洞窟探検入門
洞窟探検入門
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.29
エリック・ジッリ著 / 本多 力訳
白水社 (2003.3)
ISBN : 4560058601
価格 : ?999
この本は現在お取り扱いできません。

続きを読む >>
2003.11.13 Thursday 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 新書 | 

ジョージ・オーウェル『カタロニア讃歌』 オーウェル、33歳の冬。

カタロニア讃歌
ジョージ・オーウェル著 / 橋口 稔訳
筑摩書房 (2002.12)
通常2-3日以内に発送します。

続きを読む >>
2003.11.12 Wednesday 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ノンフィクション | 

高千穂遥『ワームウッドの幻獣』 復活! ”クラッシャージョウ”

とりあえず一発目は、久々に本屋で見つけて、驚きのあまり速攻で購入してしまった、”クラッシャージョウ”の新作。

ワームウッドの幻獣
高千穂 遥著
朝日ソノラマ (2003.10)
ISBN : 4257770171
価格 : ?580
通常2-3日以内に発送します。

■あらすじ

(Amazonのカスタマーレビューによれば)なんと、13年振りの新作だそうです。
出版は例によって朝日ソノラマだけど、今のソノラマ文庫の読者は知らんよ”クラッシャージョウ”なんて、と思ったら、シリーズを改稿してたのね、高千穂先生は。これはちょっと、読みなおしてみたいかも。
 
さて、この作品、父親同士がライバルであったジョウのチームとクラッシャー三姉妹のチームそれぞれが、幻の生物のハンティング競争に赴く二人の富豪の護衛を勤めるという筋立て。
 
シリーズ復活に相応しく、美人クラッシャー3人組のライバル登場やら、アルフィンのビキニ姿でのミスコン審査やら、サービス多めかも。イラストはもちろん、安彦義和。
続きを読む >>
2003.11.11 Tuesday 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ライトノベル/ソノラマ文庫 | 
 | 1 / 2 PAGES | >>