<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
from bk1
SEARCH
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< 小川洋子『博士の愛した数式』 数式と、もう一つ | main | 浅井ラボ『くちづけでは長く、愛には短すぎて』『そして、楽園はあまりに永く』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.06 Wednesday  | - | - | - | 

009:御贔屓は、どんなジャンルですか?

御贔屓は、どんなジャンルですか?

贔屓のジャンル、と言えばSF小説なのだろうと思う。本棚の半分以上も、SF小説が占めているし……ただ、あらたまってそう書くと、違和感が感じられるのが下の2点。
 
●最近は、何がSFかよくわからない。
SFというのは、ハヤカワSFと創元SFから出るもの……という感覚の頃もありましたが、今はもう、何がなんだかわからない状態。ライトノベルを挟むとファンタジーとの境界もますます不明瞭。このblogで感想を書く時に一応カテゴリー分けをするのですが、後で読むとなぜそのカテゴリーに入れたのか、よく思い出せないときがあります。

●いわゆる"SF"でも、読む気のおきないものがある。
これは自分の趣味の問題ですが、ハヤカワSFや創元SFから出る「誰が見てもSF」なものでも、どうも読む気になれないものがあります。たとえば、何故か昔から<ファウンデーション>シリーズが苦手。最近刊行中の有名作家によるリメイク(続編)シリーズも読んでなかったりします。ベアとかベンフォードとか、作家自体は好きなんだけど。

■おことわり

この文章は、本好きへの100の質問への回答です。
2004.08.29 Sunday 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | Book Questions 100 | 

スポンサーサイト

2008.02.06 Wednesday 14:45 | - | - | - | 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ