<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
from bk1
SEARCH
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< ウィリアム・C・ディーツ『天空の秘宝』 | main | ジョージ・R・R・マーティン『タフの方舟(2) 天の果実 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.06 Wednesday  | - | - | - | 

高千穂遥『ダイロンの聖少女』

<クラッショージョウ>第10巻にして、再開後の第2作。再開後第1作の『ワームウッドの幻獣』は今イチノリが悪かったので、どうかと思ったのだが一応購入。

ダイロンの聖少女
高千穂 遥著
朝日ソノラマ (2005.5)
ISBN : 4257770473
価格 : ?600
通常2-3日以内に発送します。

一読後、やはり昔のシリーズの方がおもしろかったという印象。どうやら、若いクラッシャー達の成長物語であった部分が影を潜めてしまっているところが原因か。SF特にスペースオペラは、舞台設定や仕掛けが何でもアリで恣意性が高いのだから、シンプルで古典的な物語の枠組み(例えば少年の成長・立身出世物語とか、勧善懲悪とか)を借りないと印象がぼやけると思う。
2005.06.19 Sunday 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ライトノベル/ソノラマ文庫 | 

スポンサーサイト

2008.02.06 Wednesday 21:24 | - | - | - | 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ