<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
from bk1
SEARCH
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< 016:とりあえず書店に入ってしまうことはありますか? | main | 矢野徹翻訳『宇宙の戦士』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.06 Wednesday  | - | - | - | 

渡辺昌美『フランス中世史夜話』 脱線授業の名調子そのまま

いきつけの本屋で買ったのだと思うが、どういうシチュエーションで買ったのか忘れてしまった、まるで、いつのまにか積読本の中に混じっていたような本。

フランス中世史夜話
渡辺 昌美著
白水社 (2003.12)
通常2-3日以内に発送します。

■内容

中世史の専門家による中世ヨーロッパの説話・伝説・逸話を紹介したエッセイ集。取り上げられているテーマは、騎士、聖職者、教会、怪物、失われた都などなど。1987年に白水社刊の月刊誌『ふらんす』に掲載された12編に書きおろしを追加。1編10ページほどのショート・ストーリー全26本が集められている。
■感想
専門家のエッセイということなので、もっと固い、歴史解説的なものかと思って読み始めたのだが、実際の内容は気軽に読める楽しい読み物だった。取り上げられているテーマも、(中世に関心を持ちそうな)素人が野次馬気分で興味を持てるものであり、語り口もソフト。「知らないうちに中世についての知識が身につきます」という感じ。このおもしろさは……と思ったら、授業の上手な歴史の先生の脱線話そのままの楽しさなのだった。
2004.10.10 Sunday 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 新書 | 

スポンサーサイト

2008.02.06 Wednesday 00:07 | - | - | - | 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ