<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
from bk1
SEARCH
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< 田中哲弥『やみなべの陰謀』 | main | 山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.06 Wednesday  | - | - | - | 

北野勇作『どーなつ』

どーなつ
どーなつ
posted with 簡単リンクくん at 2006.10.15
北野 勇作著
早川書房 (2005.7)
ISBN : 4150308063
価格 : ¥693
通常2-3日以内に発送します。


■感想

記憶の一部を引き換えにしないと入れない場所。
乗り手の記憶を他の乗り手に伝える電気熊。
記憶能力を高められたスーパーアメフラシ。
いつのまにか従業員が人間でなくなっている会社。
などなど、いずれも記憶と世界の変質、そして“穴”にまつわる10編からなる連作短編集。

この話によると、人格は記憶の集積であり、記憶が入れ替わってしまえば、記憶の主もまた別のモノに変わっていってしまうという。うむ、なるほど。

しかしですよ、私の場合、たとえば電話番号を憶えられるのは3個までで、新しい番号を憶えると一番古いものを忘れてしまうという記憶力の人なわけです。つまり、新しいことを憶えるとなにかしら古いことを忘れてしまうというメモリー容量が限られているタイプ。これは、北野流に言うと、日々(僅かずつであっても)別の人間に変わっていっていくということ? 気づかないうちに、自分は昔の自分ではなくなっている? たしかに、最近、そんな気分になることもあったけど……と、自分の記憶力減退も絡めて、なかなかゾッとした気分にさせられたのでした。

笹川吉晴による解説、西島大介のコラム・マンガ付き。
2006.10.16 Monday 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF(ハヤカワ文庫JA) | 

スポンサーサイト

2008.02.06 Wednesday 00:02 | - | - | - | 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ