<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
from bk1
SEARCH
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< アーネスト・シャクルトン『エンデュアランス号漂流記』 | main | ピーター・メイル『南仏プロヴァンスの12ヶ月』『南仏プロヴァンスの木陰から』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.06 Wednesday  | - | - | - | 

エリザベス・コーディー・キメル『エンデュアランス号大漂流』

シャクルトン本第3弾。

エンデュアランス号大漂流
エリザベス・コーディー・キメル〔著〕
/ 千葉 茂樹訳
光文社 (2006.7)
ISBN : 4334784348
価格 : ¥620
通常24時間以内に発送します。

■紹介&感想

この本は、写真が多い&内容も簡単になっていて読みやすい、ということで、息子に読ませようと思って買ったもの。内容自体は、ランシングの本に含まれる範囲内。ただし、写真は、ランシングのものより格段に多い。

この本あるいは他の2冊にも掲載されている写真は、シャクルトン探検隊のメンバーだったジェイムズ・フランク・ハーレーによるもの。ハーレーという人は、写真撮影のみならず、さまざまな工作を工夫して、遭難生活に貢献したらしい。本人が撮影している姿の写真もあるが、もちろん1915年当時なので、三脚に据えた大きな箱で写真を撮っている。

彼もエレファント島に残されたメンバーの一人なのだが、シャクルトンが迎えにきた時にはさすがに、皆、士気の衰えを隠せないボロボロの状況だったらしいにも関わらず、到着したシャクルトンのボートを皆が歓声で出迎えるシーンを、そのデカい機材でしっかり写真に残している。

シャクルトン探検隊の物語については、ハーレーの写真が沢山残されていて、生々しい情景を振り返ってみることが出来る点が20世紀的。そのハーレーの写真140枚を収録したというのが、下記の本。ちょっと高くて入手できてません。

エンデュアランス号
キャロライン・アレグザンダー著
/ フランク・ハーレー写真/ 畔上 司訳
ソニー・マガジンズ (2002.9)
ISBN : 4789719219
価格 : ¥3,780
通常2-3日以内に発送します。


■他のシャクルトン本の紹介と感想

- アルフレッド・ランシング『エンデュアランス号漂流』の紹介と感想
- アーネスト・シャクルトン『エンデュアランス号漂流記』の紹介と感想

2006.09.11 Monday 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ノンフィクション | 

スポンサーサイト

2008.02.06 Wednesday 02:20 | - | - | - | 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ