<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
from bk1
SEARCH
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< 高橋哲雄『二つの大聖堂がある町』 | main | アレステア・レナルズ『カズムシティ』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.06 Wednesday  | - | - | - | 

ウェン・スペンサー『ティンカー』 しっかりアマゾン・ファンタジー

最近ハヤカワSF文庫から出てくるアニメ絵っぽい表紙のヤツには、どうも違和感を感じてしかたがない。この作品にも疑いの視線を向けつつ読んでみたけど、まあ、いいんじゃない?という感じ。続編が翻訳されたらたぶん買うでしょう。

ティンカー
ティンカー
posted with 簡単リンクくん at 2006. 8.22
ウェン・スペンサー著 / 赤尾 秀子訳
早川書房 (2006.7)
ISBN : 4150115729
価格 : ¥987
通常2-3日以内に発送します。

この作品を読んで思い出したのは、アン・マキャフリー『銀の髪のローワン』とか、コニー・ウィリス&シンシア・フェリス『アリアドニの遁走曲』とか、ファンタジーだけどL. M. ビジョルド『スピリット・リング』とか。

いずれも、周囲から大切に育てられた生意気盛りの天才少女が、ハンサムな男性に出会って反発しながら飛び回り、最後は恋も冒険も大団円というお話。こういうタイプの作品は“アマゾン・ファンタジー”と言うのか。親によるジェンダー形成圧力。ハンサムでやさしかったり、ガサツで乱暴だったりするけど、結局自己中心的な男たち。ヒロインを大ピンチに追い込む悪漢ども。アメリカの女流SF作家の芸風の一つですね。この『ティンカー』もまさしく、このパターンそのもので安心して楽しめたのでありました。作者のウェン・スペンサーも、ここで名前をあげた作家さん達のようにメジャーになれるといいね。
2006.08.22 Tuesday 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | 海外SF(ハヤカワ文庫SF) | 

スポンサーサイト

2008.02.06 Wednesday 22:19 | - | - | - | 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ