<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
from bk1
SEARCH
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< 新城カズマ『サマー/タイム/トラベラー』 | main | W. H. ハドソン『ラ・プラタの博物学者』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.06 Wednesday  | - | - | - | 

いろは48文字を好きな小説で埋めてみる

本ブログで見つけた「アルファラルファ大通りの脇道」のTakemanさんがやっておられる、“50音を好きな小説で埋めてみる”に触発されて、“いろは48文字を好きな小説で埋めてみる”というのをやってみた。

い:犬は勘定に入れません/コニー・ウィリス
ろ:ロケットガール/野尻 抱介
は:ハイペリオン/ダン・シモンズ
に:ニューロマンサー/ウィリアム・ギブスン
ほ:ぼくらは虚空に夜を視る/上遠野 浩平
へ:へびつかい座ホットライン/ジョン・ヴァーリイ
と:虎よ、虎よ!/アルフレッド・ベスター

ち:地底旅行/ジュール・ヴェルヌ
り:竜の卵/ロバート・L・フォワード
ぬ:盗まれた街/ジャック・フィニイ
る:類猿人ターザン/エドガー・ライス・バロウズ
を:オルシニア国物語/アーシュラ・K・ル・グィン

わ:われはロボット/アイザック・アシモフ
か:海底牧場/アーサー・C・クラーク
よ:夜の大海の中で/グレゴリイ・ベンフォード
た:たったひとつの冴えたやりかた/ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
れ:レッド・マーズ/キム・スタンリー・ロビンスン
そ:ソラリス/スタニスワフ・レム

つ:月は無慈悲な夜の女王/ロバート・ハインライン
ね:鼠と竜のゲーム/コードウェイナー・スミス
な:夏への扉/ロバート・A・ハインライン
ら:ラプソディ/エリザベス・ヘイドン
む:無常の月/ラリイ・ニーヴン

う:歌う船/アン・マキャフリー
ゐ:いさましいちびのトースター/トーマス・M・ディッシュ
の:ノヴァ/サミュエル・R.ディレイニー
お:終りなき戦い/ジョー・ホールドマン
く:黒き流れ 1 川の書/イアン・ワトスン
や:闇の中の系図/半村 良
ま:マルドゥック・スクランブル/冲方 丁

け:ゲイトウエイ/フレデリック・ポール
ふ:フラッシュフォワード/ロバート・J.ソウヤー
こ:ゴルディアスの結び目/小松 左京
え:エンダーのゲーム/オースン・スコット・カード
て:ディアスポラ/グレッグ・イーガン

あ:赤い惑星への航海/テリー・ビッスン
さ:去りにし日々、今ひとたびの幻/ボブ・ショウ
き:虚無回廊/小松 左京
ゆ:夢みる宝石/シオドア・スタージョン
め:メルニボネの皇子/マイクル・ムアコック
み:未来の二つの顔/ジェイムズ・P・ホーガン
し:女王天使/グレッグ・ベア

ゑ:エイリアン秘宝街/菊地 秀行
ひ:百億の昼と千億の夜/光瀬 龍
も:燃える世界/J.G.バラード
せ:戦闘妖精・雪風〈改〉/神林 長平
す:スキズマトリックス/ブルース・スターリング

ほとんど海外SF。少しだけファンタジー。

「ゐ」「ゑ」「を」については、どうするのが正解かよくわからなかったので、適当に処理。

Takemanさんも“「ぬ」と「る」が難しい”と書いておられるが、まったく同感。ターザンが好きかと問い詰められたら、正直困るのであった。一方、「は」「た」「ふ」あたりは、入れたい候補が重なって選ぶのに悩んでしまった。

2006.08.16 Wednesday 23:24 | comments(2) | trackbacks(0) | About this blog | 

スポンサーサイト

2008.02.06 Wednesday 23:24 | - | - | - | 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Takeman (2006/08/17 4:49 PM)
はじめまして。
一年前のことながら見直してみると、何でこれを入れたんだろうと首をひねる作品があったりして、こっそりと入れ替えたくもなったりしたのですが、まあ「好きな」作品であって「傑作」である必要はないということで恥をしのんでいます。
「ぬ」なんか「盗まれた街」があるのになんでこれを入れたのか(笑)。題名だけが異様に頭にこびりついているせいもありますけど。
medihen (2006/08/18 10:11 AM)
Takemanさん、コメント光栄です。

本文に書くべきでしたが、リスト作り、大変楽しかったです。
それも「50音を埋める」というアイデアを見せていただいたからこそ。ありがとうございました。

楽しさの中心は「あれを入れるべきか、これを入れるべきか」と悩むところでした。たとえば、私のリストの傾向から言うと、「あ」は“アンドロイドは電気羊……”かなあ、と思いつつ、自分としては、“赤い惑星……”を譲れない、などと妙にこだわったりして……。それも、定番50作とかベスト50作ではなく、たんに「好きなモノ」リストだからの楽しさですね。