<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
from bk1
SEARCH
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る』 | main | ウィリアム・ギブスン 『パターン・レコグニション』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.06 Wednesday  | - | - | - | 

森博嗣『ナ・バ・テア』 夕焼け空と飛行機が好きな人向け

不思議なタイトルは"none but air"の意。このblogでも以前取り上げさせてもらった『スカイ・クロラ』の続編。『スカイ・クロラ』をいたく気に入ったため、同書新書版の巻末に掲載されていた『ナ・バ・テア』刊行予告を見て、心待ちにしていた。なかなか出ないなぁ、と思っていたら、先日、フラッと立ち寄った本屋に平積みになっており、あわてて購入。

ナ・バ・テア
ナ・バ・テア
posted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 2
森 博嗣著
中央公論新社 (2004.6)
ISBN : 4120035417
価格 : ?1,890
通常24時間以内に発送します。
ナ・バ・テア
ナ・バ・テア
posted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 2
森 博嗣著
中央公論新社 (2004.10)
ISBN : 412500871X
価格 : ?1,050
通常2-3日以内に発送します。

■あらすじ

前作と同じく、「キルドレ」と呼ばれる“死なない子供たち”が戦争を請け負う民間企業に所属し、空戦を繰り返している異世界が舞台。主人公である「僕」は、空を飛びつづけることだけを望む死なない子供。撃墜王が所属する基地に転属となった「僕」は、新型機を手に入れ思うままに空を舞う。しかし、飛び続けることができない人間たちが「僕」を地上に引き戻す。
■感想

地上に還らなければならないから空を飛び続けることを望むのか、真に飛びつづけることに意味があるのか。
 
このシリーズでは、空を飛び、戦う、という行為が重要なモチーフとなっているわけだが、『ナ・バ・テア』では、その飛行・空戦シーンの描写が前作からさらに研ぎ澄まされている。1アクション1行で淡々と進むあたり、詩的にすら感じられた。

 『スカイ・クロラ』と『ナ・バ・テア』で対になって完結しているようでもあり、書き残されているところがあるようでもあり。青空、夕焼け空ときたのだから、今度は夜空に期待か?

 
■関連リンク

- bk1.co.jp内『ナ・バ・テア』の書評by touma_onlineさん
この作品の隔靴掻痒なところを、ネタバレしないでサラッとまとめていて秀逸な評。こういう紹介が書けたらなぁ。
2004.07.21 Wednesday 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF | 

スポンサーサイト

2008.02.06 Wednesday 22:12 | - | - | - | 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ