<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
from bk1
SEARCH
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.06 Wednesday  | - | - | - | 

冲方丁『マルドゥック・ヴェロシティ 1-3』ノーバディ・ノーウェア

三巻連続刊行の後、まとめ買いして通読。勢い余って<スクランブル>三冊まで読み直してしまった。年末のゴタゴタで、ようやく感想が書けた……

マルドゥック・ヴェロシティ 1
冲方 丁著
早川書房 (2006.11)
ISBN : 4150308691
価格 : ¥714
通常24時間以内に発送します。

マルドゥック・ヴェロシティ 2
冲方 丁著
早川書房 (2006.11)
ISBN : 4150308705
価格 : ¥714
通常24時間以内に発送します。

マルドゥック・ヴェロシティ 3
冲方 丁著
早川書房 (2006.11)
ISBN : 4150308713
価格 : ¥714
通常24時間以内に発送します。

続きを読む >>
2006.12.24 Sunday 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF(ハヤカワ文庫JA) | 

北野勇作『どーなつ』

どーなつ
どーなつ
posted with 簡単リンクくん at 2006.10.15
北野 勇作著
早川書房 (2005.7)
ISBN : 4150308063
価格 : ¥693
通常2-3日以内に発送します。


■感想

記憶の一部を引き換えにしないと入れない場所。
乗り手の記憶を他の乗り手に伝える電気熊。
記憶能力を高められたスーパーアメフラシ。
いつのまにか従業員が人間でなくなっている会社。
などなど、いずれも記憶と世界の変質、そして“穴”にまつわる10編からなる連作短編集。

続きを読む >>
2006.10.16 Monday 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF(ハヤカワ文庫JA) | 

田中哲弥『やみなべの陰謀』

そういえば『蹴りたい田中』って買い損ねたなぁ、タイトルだけで笑えたのに。今回は無くならないうちに買っておこう、などと本書『やみなべの陰謀』を購入したのでした。

帯に、
田中哲弥がもう少し勤勉なら、
日本SFの歴史は変わっていたかもしれない。 大森望

などとあるのを見て、でも、『銀河帝国の弘法も筆の誤り』なんてのもあったじゃない、なんかオーバーだな、などと思いながら。

そう、私は、田中哲弥氏(→Wikipedia)と田中啓文氏(→Wikipedia)を完全に一緒くたにしてしていたのです。なんと、この感想を書きはじめるまで、前記三冊は同じ田中氏が書いているのだと思い込んでいたバカ……_| ̄|○

やみなべの陰謀
田中 哲弥著
早川書房 (2006.4)
ISBN : 4150308454
価格 : ¥651
通常2-3日以内に発送します。

続きを読む >>
2006.10.08 Sunday 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF(ハヤカワ文庫JA) | 

新城カズマ『サマー/タイム/トラベラー』

夏の家族旅行に持って行く本を何にしようか、と考えて、昨年の出版時に読んだ際はストーリーの先を追うのに忙しくて読み飛ばしてしまった感のある、この話を読み返してみることにした。夏だし、旅行だし、ちょうどいいかということで。

サマー タイム トラベラー 1
新城 カズマ著
早川書房 (2005.6)
ISBN : 4150307458
価格 : ?693
通常2-3日以内に発送します。
サマー タイム トラベラー 2
新城 カズマ著
早川書房 (2005.7)
ISBN : 4150308039
価格 : ?693
通常2-3日以内に発送します。

続きを読む >>
2006.08.13 Sunday 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF(ハヤカワ文庫JA) | 

桜坂洋『スラムオンライン』 リアル・バーチャル表裏一体

スラムオンライン
桜坂 洋著
早川書房 (2005.6)
通常2-3日以内に発送します。

■あらすじ

落ちこぼれかかった大学1年生である坂上悦郎は、同級生の布美子と出会い、彼女の探しものにつき合うことになる。しかし、彼は、オンライン対戦格闘ゲーム・バーサスタウン最強を目指すカラテ使いのテツオとしての生活も送らなければならないのだった……
続きを読む >>
2005.06.13 Monday 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF(ハヤカワ文庫JA) | 

飛浩隆『象られた力』

この方の作品は、昔SFマガジンで読んだ気がするのだけど記憶にないし、変わった名前の著者さんの作品を敬遠するところもあって、読んでおりませんでした。今回、bk1で買いたい本が1,500円の送料無料ラインに満たなかったので、“ついで”に買って読んだのですが……おもしろい。これまで読んでいなかったのは、大失敗でした。

象られた力
象られた力
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.30
飛 浩隆著
早川書房 (2004.9)
ISBN : 4150307687
価格 : ?777
通常2-3日以内に発送します。

■内容

天才的ピアニストの名演に秘められた謎を描いた「デュオ」、人の意識と宇宙が共鳴する世界の辺境での物語「呪界のほとり」、植民惑星の一角に残されたジャングルに隠された秘密を描く「夜と泥の」、そして、突如消失した惑星“百合洋”の図形言語がもたらす災厄を描いた表題作「象られた力」という中短編4編を収めた短編集。
続きを読む >>
2004.10.21 Thursday 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF(ハヤカワ文庫JA) | 

菅 浩江『永遠の森 博物館惑星』

菅浩江という方は、お名前だけは昔から意識してはいたものの女流作家を敬遠していたこともあって、これまであまり作品に触れたことがありませんでした。はっきり言って不覚。食わず嫌いは損のもと、という典型でした。

永遠の森
永遠の森
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.29
菅 浩江著
早川書房 (2004.3)
ISBN : 4150307539
価格 : ?798
通常2-3日以内に発送します。

■あらすじ

ラグランジュ点に運ばれたオーストラリア大陸サイズの小惑星を丸ごと博物館に充てた「アフロディーテ」。この巨大博物館苑を舞台に、脳内インタフェースで繋がれた巨大データベース「ムネーモシュネー(記憶の女神)」をパートナーとして展示部門間の調整役を勤める中央管理部門の学芸員・田代孝弘が遭遇するさまざまな事件やトラブルを描く短編連作集。
続きを読む >>
2004.04.09 Friday 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF(ハヤカワ文庫JA) | 

野尻抱介『アンクスの海賊』

<クレギオン>シリーズ第3巻。順調に復刊中。新作と違って、原稿が出来ているんだかどうだか気を揉む必要もないし、今さら途中で打ち切りになるということもないだろうから(ないよね?)、極めて安心して読めるのであった。
 
また、作者も一定の評価を確立している人であるし、しかもストーリーと語り口が堅実なまでに淡々としているので、読む側としても気負う必要がまったくない。これが、デビュー直後の作家の気合入りまくり状態の作品だったりすると、一読者としても「これから読み続けるべき作者かどうか?」なんてことを考えながら読んぢゃったりして、疲れることはなはだしい。まあ、「2週目に入った朝の連続テレビドラマ小説」という感じでしょうか。

アンクスの海賊
野尻 抱介著
早川書房 (2004.3)
ISBN : 4150307520
価格 : ?630
通常2-3日以内に発送します。

■あらすじ

麻薬原料密輸のサボタージュに端を発するミリガン運輸とマフィアのトラブルが、ついに正面衝突に発展。系内に彗星が飛び交う原始星系アンクスを舞台に、陽気(?)な地元宇宙海賊を加えた三つ巴の宇宙海戦が勃発する。絶体絶命のロイド社長とマージ船長のピンチを救えるのは、真面目でけなげなミリガン運輸の新人航法士メイだけなのだった……
続きを読む >>
2004.04.06 Tuesday 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF(ハヤカワ文庫JA) | 

野尻抱介 『フェイダーリンクの鯨』

<クレギオン>シリーズ第2作、ハヤカワ文庫より順調に刊行されました。

フェイダーリンクの鯨
野尻 抱介著
早川書房 (2004.1)
ISBN : 4150307466
価格 : ?672
通常2-3日以内に発送します。

■あらすじ

前作『ヴェイスの盲点』で新人社員メイを獲得したミリガン運輸だが、余計なトラブルに巻き込まれるのは、相変わらず。今回は、過去のトラブル相手から追われて逃げ込んだ土星型惑星フェイダーリンクのリングで、氷を採って自給自足の生活を営むレーネ村の人々に助けられる。土星同様のガス状巨大惑星であるフェイダーリンクでは、おりしも、太陽化計画が進行中。フェイダーリンクが太陽化すれば、氷で出来たリングは消えてしまう。ミリガン運輸の面々は、レーネ村の村人たちの反対運動に協力して一肌脱ぐことに・・・・・・
続きを読む >>
2004.01.30 Friday 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF(ハヤカワ文庫JA) | 

冲方丁『マルドゥック・スクランブル』 美少女アクションSFの極北

本年度の日本SF大賞受賞作。今年の収穫というにとどまらず、オールタイム・ベスト級の力作と言ってもいいだろうと思う。この作品については、絶対、何か書こうと思っていたのだが、いつの間にか年末になってしまった…

マルドゥック・スクランブル
冲方 丁著
早川書房 (2003.5)
ISBN : 4150307210
価格 : ?693
通常2-3日以内に発送します。
マルドゥック・スクランブル
冲方 丁著
早川書房 (2003.6)
ISBN : 4150307261
価格 : ?714
通常2-3日以内に発送します。
マルドゥック・スクランブル
冲方 丁著
早川書房 (2003.7)
ISBN : 415030730X
価格 : ?756
通常2-3日以内に発送します。

■あらすじ

3巻に分かれているが、大長編を分割したもので、シリーズものというわけではない。3巻を通じたストーリーは比較的シンプル。舞台は、戦後の混乱から回復しようとしている未来都市・マルドゥック市。元少女娼婦であるルーン・バロットは、自分を拾った男に殺されかけるが、戦時中に開発された超テクノロジーを適用され蘇る。力を得た彼女は、彼女の殺人未遂事件解決を目指す担当官の仲間となり、自分が殺されかけた理由を求めて戦い始める・・・・・・
続きを読む >>
2003.12.29 Monday 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF(ハヤカワ文庫JA) | 
 | 1 / 2 PAGES | >>