<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
from bk1
SEARCH
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.06 Wednesday  | - | - | - | 

飛浩隆『グラン・ヴァカンス』『ラギッド・ガール』官能・間脳・感応

<廃園の天使>シリーズ第二作目の『ラギッド・ガール』ようやく読了。

短編の二本目(表題作の「ラギッド・ガール」)まで読んだところで、一作目『グラン・ヴァカンス』を読んだときの感覚を結構忘れているのに気づき、こりゃもったいないと慌てて同書から読み直したのでありました。

グラン・ヴァカンス
飛 浩隆著
早川書房 (2002.9)
ISBN : 415208443X
価格 : ¥1,680
通常2-3日以内に発送します。


ラギッド・ガール
飛 浩隆著
早川書房 (2006.10)
ISBN : 4152087676
価格 : ¥1,680
通常24時間以内に発送します。


続きを読む >>
2006.12.03 Sunday 14:30 | comments(2) | trackbacks(0) | 日本SF | 

恩田陸『光の帝国』とゼナ・ヘンダースン<ピープル>シリーズ

ゼナ・ヘンダースンの<ピープル>シリーズはわりと好きなほうなので、同シリーズにインスパイアされて書かれたという『光の帝国 常野物語』を読むのを楽しみにしておりました。

光の帝国
光の帝国
posted with 簡単リンクくん at 2006.11.22
恩田 陸著
集英社 (2000.9)
ISBN : 4087472426
価格 : 520
通常24時間以内に発送します。

果しなき旅路
果しなき旅路
posted with 簡単リンクくん at 2006.11.22
ゼナ・ヘンダースン著
/ 深町真理子訳
早川書房 (1978.7)
ISBN : 4150103003
価格 : 861
通常2-3日以内に発送します。

続きを読む >>
2006.11.22 Wednesday 23:30 | comments(1) | trackbacks(0) | 日本SF | 

山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』

この本、行きつけの本屋で最初に見かけたときは、あまり買う気はなかった。というか、買うべきか買わざるべきか、随分悩んでしまった。

タイトルにせよ表紙・装幀にせよ、申し分ないというか、スタンダートな印象で悪くない。なのに、一気に購入に踏み切れなかったのは、本全体の印象から突き抜けたパワーが感じられなかったからか。

結局、本屋に通うたびに本書とにらめっこをすることとなり、最後は根負けして購入。

まだ見ぬ冬の悲しみも
山本 弘著
早川書房 (2006.1)
ISBN : 4152086998
価格 : ¥1,785
通常24時間以内に発送します。

続きを読む >>
2006.10.22 Sunday 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF | 

『宮武一貴マクロス&オーガスデザインワークス』

宮武一貴マクロス&オーガスデザインワークス
宮武 一貴〔画〕
ムービック第6事業部 (2005.6)
ISBN : 4896016297
価格 : ?3,150
通常2-3日以内に発送します。

■内容

タイトル通り、スタジオぬえの宮武一貴氏が、アニメの“マクロス”、“オーガス”向けにデザインしたマシーンのデザイン画集。いわゆる設定資料にラフスケッチを加えたもの。

宮武一貴氏が“マクロス”でデザインしたのは、マクロスそのものを始めとする宇宙船類中心ということで、マクロスのバリエーションのデザインが多数(マクロス〜マクロス13まで)掲載されている。

有名なバルキリーなどの主役戦闘機類は河森正治氏デザインであるので、ほとんど掲載されていない。ただし、宮武デザインの無人戦闘機ゴーストと併せ、その原型として、「宇宙塵」に掲載された宮武氏のSF戦闘機小説に登場するリフティングボディ型有人/無人戦闘機スーパーバードの図面(昔々のSFマガジンに掲載されていたものでしょう)が出てくるのは、無闇に懐かしい。

また“パワードスーツ”となると、やはり宮武氏の出番ということらしく、マクロスに登場する巨人宇宙人が着用するパワードスーツ類も一通り掲載されている。

オーガスについては、デザイン原案・宮武一貴ということだったらしく、主役的なメカを一揃い掲載、というところ。

巻末に、宮武一貴×河森正治の師弟対談を収録。
続きを読む >>
2005.07.04 Monday 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF | 

大石英司『神はサイコロを振らない』 “失われた10年”を忘れないために

神はサイコロを振らない
大石 英司著
中央公論新社 (2004.12)
ISBN : 4120035948
価格 : ?1,890
通常24時間以内に発送します。

■あらすじ

かつて太平洋上で消息を絶った旅客機が、10年後、事故当時の姿のままの乗客を乗せて突如、羽田空港に着陸。3日後に再度消失すると宣告された乗客とその家族、そして周囲の人々は、蘇る「失われた10年」の歳月に何を思い、どう行動するのか……
続きを読む >>
2005.05.22 Sunday 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF | 

押井守『 Avalon 灰色の貴婦人』

映画『Avalon』公開に先立つプロモーションに合わせて出版されたもの。本棚から引っ張り出して再読。
Avalon
Avalon
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.29
押井 守著
メディアファクトリー (2000.12)
ISBN : 4840101574
価格 : ?1,260
この本は現在お取り扱いできません。

↑こちらのソフトカバー版は絶版? 現在、bk1で入手できるのは、下の文庫版↓。
Avalon
Avalon
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.29
押井 守著
メディアファクトリー (2003.3)
ISBN : 4840107424
価格 : ?609
通常2-3日以内に発送します。

■あらすじ

映画『Avalon』の後日談ともいうべき内容。
 
主人公は、20世紀の戦場を舞台にしたMMO-RPG<アヴァロン>のプレイで生計をたてるプロ・ゲーマー。現実に匹敵するリアル感を誇るヴァーチャル・リアリティ技術を使用したネットワーク・ゲームである<アヴァロン>は、その耽溺性から非合法化されるも、主人公のように、このゲームを人生ととらえる多数の利用者を引き寄せていた。
 
パーティ・プレイが前提となる<アヴァロン>において、報酬目当ての傭兵稼業の日々を送る主人公は、傭兵仲間から奇妙なクライアントの噂を聞く。単独プレイヤーの美女が、常識はずれに高額な報酬を提供して実力派の傭兵を集めているらしい。そして、主人公の元にも、謎の美女・アッシュが現れる。彼女の依頼は、クリア不能と言われるゲーム・フィールド“虐殺の橋”への挑戦だった・・・・・・
続きを読む >>
2004.10.06 Wednesday 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF | 

福井晴敏『終戦のローレライ』 人は変わっていくものなのね

2003年度吉川英治文学新人賞、日本冒険小説協会大賞受賞、2004年度「このミステリーが凄い」第2位。2005年東宝系にて映画公開予定。最近読んだ本では、ダントツで世評が高い本かも。

“究極映像研究所”のこちらの記事で気になっていたところ、『文学賞メッタ斬り!』の巻末採点表で、大森望氏が81点という高得点を与えた上、「史上最大最強のガンダム小説。ファーストガンダムおたく必読」などと書くものだから、これは読まねばならん、と。べつにファーストガンダムおたくではないですが。(ちなみに、この手の本にあまり思い入れのなさそうな豊崎由美氏も61点(再読に値する)の評)
 
しかし、購入したのはいいものの、3ヶ月以上積読になっていて、ようやく読了。別に終戦記念日が来たから読んだ、というわけではないと思うのだが、それも少しはあるのかな。

終戦のローレライ 上
福井 晴敏著
講談社 (2002.12)
ISBN : 406211528X
価格 : ¥1,785
通常2-3日以内に発送します。

終戦のローレライ 下
福井 晴敏著
講談社 (2002.12)
ISBN : 4062115298
価格 : ¥1,995
通常2-3日以内に発送します。

■あらすじ

昭和20年、夏。「もはや原因も定かではなく、誰ひとり自信も確信も持てないまま、行われている戦争」が継続されている日本。フランスで産まれ、ドイツを経て日本にもたらされた潜水艦<伊507>は、機密兵器“ローレライ”を携え、あるべき終戦の姿をもとめて太平洋に船出する……
続きを読む >>
2004.08.22 Sunday 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF | 

石黒耀『死都日本』 ホラーじゃなかったのね

bk1.jpの内容紹介では「メフィスト賞受賞作家による……」となってますが、この本自体がメフィスト賞(第26回)の授賞作。

昔、本屋で平積みになっていたのを見たけど、タイトルからホラーだと思って敬遠した記憶がある。メフィスト賞、というのもホラーな分野の文学賞だと思っていたし。
 
ところが、『文学賞メッタ斬り!』に「『日本沈没』をそのまま火山でやりなおすっていう話で……(224ページ)」と書かれているのを読んで、これは買わねば、と。ちなみに、“メフィスト賞”がホラーの賞だという誤解も『文学賞メッタ斬り!』のおかげでとけました。(^^;)

死都日本
死都日本
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.26
石黒 耀著
講談社 (2002.9)
ISBN : 406211366X
価格 : ¥2,415
通常24時間以内に発送します。

■あらすじ

九州・霧島火山帯には、阿蘇や桜島をはじめとする有名な活火山がいくつも存在する。しかし、これらの有名火山の現在認識されている「山」の部分は、実は超巨大火山のカルデラの外輪山の一つにすぎないのだ。こうした想像を絶する超巨大火山の本体が噴火すれば、日本はもちろん、世界が破滅の瀬戸際に立たされることとなる……という、クライシスノベルにしてポリティカルフィクション。火山の噴火の様相と影響をリアルに描写した、「火山小説」でもある。
続きを読む >>
2004.08.09 Monday 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF | 

森博嗣『ナ・バ・テア』 夕焼け空と飛行機が好きな人向け

不思議なタイトルは"none but air"の意。このblogでも以前取り上げさせてもらった『スカイ・クロラ』の続編。『スカイ・クロラ』をいたく気に入ったため、同書新書版の巻末に掲載されていた『ナ・バ・テア』刊行予告を見て、心待ちにしていた。なかなか出ないなぁ、と思っていたら、先日、フラッと立ち寄った本屋に平積みになっており、あわてて購入。

ナ・バ・テア
ナ・バ・テア
posted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 2
森 博嗣著
中央公論新社 (2004.6)
ISBN : 4120035417
価格 : ?1,890
通常24時間以内に発送します。
ナ・バ・テア
ナ・バ・テア
posted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 2
森 博嗣著
中央公論新社 (2004.10)
ISBN : 412500871X
価格 : ?1,050
通常2-3日以内に発送します。

■あらすじ

前作と同じく、「キルドレ」と呼ばれる“死なない子供たち”が戦争を請け負う民間企業に所属し、空戦を繰り返している異世界が舞台。主人公である「僕」は、空を飛びつづけることだけを望む死なない子供。撃墜王が所属する基地に転属となった「僕」は、新型機を手に入れ思うままに空を舞う。しかし、飛び続けることができない人間たちが「僕」を地上に引き戻す。
続きを読む >>
2004.07.21 Wednesday 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF | 

町井 登志夫『爆撃聖徳太子』 絶叫厩戸皇子

知らない作者だし、普段、こういうタイトルの小説は(なんかいかがわしくて ^^;)買わないのだが、記念すべきbk1への初注文の際に「SF」のページで紹介されていたため、ふと購入。平積みを手にとって、ついつい買ってしまうようなものか。
爆撃聖徳太子
爆撃聖徳太子
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.25
町井 登志夫著
角川春樹事務所 (2004.2)
通常1-3週間以内に発送します。

■あらすじ

「日出ずるところの天子、日没するところの天子に書を致す」物語は、この有名な文句からスタート。相手を見下したこの文章、当時の大征服帝国・隋から見れば、まさに噴飯もの。なぜ聖徳太子はこんな文書を送ったのか。多数の伝説が残る聖徳太子に公的な事跡の記録が少ないのはなぜか。それは彼が、大帝国・隋との戦いの日々を送っていたため。かなりキている厩戸皇子と真面目な小野妹子が、南海から北の果てまで駆けめぐる一大架空戦記アクション。
続きを読む >>
2004.03.31 Wednesday 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 日本SF | 
 | 1 / 2 PAGES | >>